電話相談可能・
オンライン相談可能

0120-920-746

相談内容

相談者は、美容院のオーナーです。

帳簿上の利益と、実際に銀行口座等にある金額との間に1000万円以上の不一致があることに気づき、相談者は調査を開始しました。

すると、店舗の経理担当の従業員が、横領を行っている可能性が高いことが分かりましたが、横領方法・被害額は明らかになりませんでした。

そこで、今回の被害や、当該従業員に対する今後の対応について、弊所にご相談にいらっしゃいました。

問題のポイント

従業員が横領を行った決定的証拠がないため、「自分ではない」などと言い逃れされる恐れがありました。

解決内容

担当弁護士にて店舗の構造や従業員の行動パターンを丁寧に聞き取り、撮影方法を指南することで、横領の瞬間を映像証拠として押さえました。

弁護士の所感

従業員に対し、弁護士が交渉を開始したところ、懸念していたとおり、従業員は当初、自身の横領を認めませんでした。

しかし、今回取得した映像証拠を適切なタイミングで開示することで、従業員は観念して横領を認めました。

その後の返済計画の策定にあたっても、返済が滞りなく進むよう、弁護士がアドバイスいたしました。

横領と一口に言っても、横領の手段や、横領加害者の性格、横領後の加害者の態度もそれぞれ異なります。

そのため、それぞれのケースに応じた対応を、段階ごとに適切に取っていくことが重要です。

刑事告訴・賠償請求・リスクマネジメント
相談のご予約はこちら

0120-920-746

受付時間 9:00~24:00 お問い合わせフォームはこちら 東京・神戸・福岡・長崎・熊本・鹿児島を拠点に対応中!

弁護士法人グレイス

全国社の顧問契約実績
弁護士法人グレイス企業法務部